家のリフォームでできること

家のリフォームでできること

外壁のリフォーム

外壁の塗装など、家のかなり大きな範囲の色を決めるときは、
小さなサンプルブックから選ぶのはとてもむずかしいです。

 

また、外壁塗装の場合は、色合いだけでなく、
表面に仕上げの凹凸をつくる場合もあります。

 

その凹凸の大きさによっても色合いのイメージが大きく変わりますし、
既存のサッシの色や屋根の色ともあわせていくことが必要です。

 

ですから、試し塗りをしたサンプル品を作ってもらい、
イメージするようにするとよいのではないでしょうか。

外壁の色選び

外壁の色選びを行なうときは、とても重要です。

 

全部塗ってしまってから家全体を見たときに、
「こんなはずではなかった。」と言うのでは遅いのです。

 

(1) 外壁の色/アイボリー系・ベージュ系

 

洋風の場合は、思い切って濃い色で、
はっきりしている色にしてみるのも個性的です。

 

卵の黄身の色をイメージして色選びをすると、
すっきりきれいにまとまるでしょう。

 

和風の場合や、サッシが茶系の色の場合は、
外壁を鮮やかにしすぎるとアンバランスになるので注意しましょう。

 

茶色がかったアーモンド色は、そのような家でも無難にまとまることが多いです。

 

(2) 外壁の色/ブルー系・グレー系

 

洋風でブルー系を使う場合は、彩度をぐんと落とす、
若しくは思いっきり鮮やかにするときれいにまとまります。

 

ほんの少しのブルーでは、
仕上がってみると真っ白に見えます。

 

また、淡いブルーは汚れが目立ちやすくなります。

 

和風では、黒に近いくらいの濃いグレーにすると、
個性的でモダンな感じに仕上がります。

 

(3) 外壁の色/グリーン系

 

洋風でグリーン系にするときは、淡い色合いにすると軽やかなイメージになります。

 

ですが、サッシが茶系だとアンバランスになることがあるので注意してください。

 

冊子が白い場合は、枠回り等の木部も白く塗装し、
外壁面は来いグリーンにすると落ち着いた雰囲気で素敵です。

 

グリーン系の外壁は、想像よりも落ち着いた個性的な雰囲気になります。

 

 

このように外壁には、色々な色を選ぶことができます。

 

サッシや枠などにあわせて、納得のいく外壁塗装しましょう。

 

街を歩いているときに、「こんな感じにしたい」という家があれば、
その家の写真を撮っておいて業者に相談すると業者側も客側の要望がつかみやすいです。

 

外壁は早めにメンテナンス

家を長持ちさせるためには、
材質によって適切な時期に、早めのメンテナンスを行うことが大切です。

 

ひとくちに外壁塗装といっても、
塗る部分の材質によって再塗装の必要な時期は異なります。

 

そこで、最も長い耐久年数の部分に合わせて
全部をまとめて再塗装するというメンテナンスでは、
材質によっては下地の腐食が進んでしまい、
結局大きな工事が必要になり、費用も期間も多くかかるということが
起こってきます。

 

また、パッと見きれいにみえても、
細かいひび割れが発生しているとその部分から水が入り、
下地板が腐るということも起こってきます。

 

外壁部分のひび割れには、はっきり分かるほどの大きなひび割れもありますが、
髪の毛の程の細いヘアークラックと呼ばれるひび割れがあります。

 

このヘアークラックはとても細かいひび割れなので見落としてしまいがちですし、
細かいひび割れなので大丈夫だろうと放置してしまいがちです。

 

ですが、このヘアクラークが壁内に水を呼び込む原因になることが少なくありません。

 

当然、大きなひび割れは問題で、
外壁部分の問題だけでなく、家が傾いていたり、基礎に問題がある場合もあります。

 

ですから、ひび割れを発見したときは、
ひび割れの原因をきちんと突き止め、対処しなければなりません。

 

モルタルであれば、10年に一度、
木部や鉄部は5年に一度の再塗装が必要だといわれています。

 

腐食してからのメンテナンスでは、手間がかかりすぎます。

 

早めに手を入れておくことで、工事期間も短く、
工事費も安く済ませることができるのです。