家のリフォームでできること

洗面所のリフォーム

洗面所のリフォーム

まず、洗面所の内装工事をするときは、
浴室から水が回っていたり、湿気で下地が腐食している場合があります。

 

ですから、下地の確認を行うようにしましょう。

 

せっかく洗面所のリフォームをするのですから、
下地までしっかりチェックしておきましょう。

 

そうしないと、何年も経たないうちに、下地が腐食している・・・
再度補修工事が必要ということになってしまいます。

 

さて、洗面所のリフォームをするときには、
目的に合わせて収納スペースを確保するなど、
利用度を考えながらプランを立てていくことが必要です。

 

お風呂に入るときの脱衣スペースであれば、
着替えをしまう場所が必要かどうか、
洗濯は洗面所でするのか、
メイクは洗面所でするのか・・・など、
日常のライフスタイルを思い返してみましょう。

 

使用目的により、その収納場所を洗面所の中につくると便利です。

 

ですが、既製品の洗面化粧台の収納だけでは足りない場合が多く、
他にも収納スペースが必要です。

 

ですが、洗面所は狭い場合が多いので工夫を要します。

 

その工夫としては、たとえば頭の上に吊り戸棚をつけますが、
これは毎日使うものを片付けるのにはとても不便です。

 

しかし、壁面に取り付ける薄型の収納や、
木造の壁であれば、くりぬいて壁面収納を作るなどすると便利になります。

洗面台の種類

洗面台の種類もいろいろあります。

 

収納と洗面化粧台がセットになったシステム洗面化粧台が人気で、
この洗面化粧台は、部屋のサイズに合わせてコーディネイトすることができます。

 

また、つくり付け家具のように、
自由なデザインで気に入った洗面ボウルや水洗金具をセットし、
好みの洗面スペースを作ることもできます。

 

洗面ボウルは、焼き物、ガラス製、柄の入った輸入製品など
色々な種類があります。

 

どのような用途で使うのかをよく考え、
ボウルの大きさに注意して選ぶようにしましょう。

 

また、洗面台の高さも、
キッチン台を選ぶときと同じように選ぶ必要があります。

 

高すぎると顔を洗ったときに水が手から肘へ垂れ、
床が水浸しになるでしょう。

 

だからと言って低すぎるのも考え物です。

 

洗面所のスペースが狭い場合は、
出窓のように洗面化粧台を壁の外に飛び出させて設置する
出窓洗面化粧台というものもあるので検討してみてください。

洗面所のコンセントと照明

洗面所ではコンセントの数も大切です。

 

電動歯ブラシを使ったり、髭剃りを充電するコンセントが必要です。

 

洗面化粧台についているコンセントだけでは
足りない場合もあるので、
洗面台の側の壁に、コンセントを設置する事を検討しましょう。

 

お年寄りのいる家庭、これから年を取る家族がいる・・・
という場合は、冬場に服を脱いだときのことを考え、
暖房器具をつけることができるよう、
電気ストーブをつけることができるコンセントを忘れずにつけましょう。

 

また、メイクスペースとして洗面所を使うのであれば、
照明計画も必要です。

 

洗面所の照明は手元を照らす照明器具、
そして部屋全体を照らすものというように
顔にカゲができないような設計にすると良いでしょう。