家のリフォームでできること

トイレのリフォーム

トイレのリフォーム

トイレのリフォームでは、新しい便器に交換するという工事が多いです。

 

トイレのリフォームの際には、くつろぎの場として居心地の良さを求めたり、
お客様を迎えるのにふさわしい場所であるように
設計していくことが必要です。

 

トイレは家の中では小さなスペースですが、
毎日必ず使用する場所です。

 

また、お客様も利用するので、
より清潔で、より居心地の良いトイレを作りたいものです。

 

また、家族の高齢化についても考え、
将来のことも考慮し、プランを立てましょう。

トイレの便器のサイズと形

トイレの便器は、今では様式便器が主流です。

 

そして、その様式便器には、大型サイズと普通サイズがあります。

 

大型サイズのほうがゆったりと座りやすいですし、
デザインも豊富ですが、トイレの長手方向の寸法が問題になってきます。

 

大型サイズの便器を設置してしまうと、
男性には狭すぎて、便器の前に立ち辛くなってしまいます。

 

また、洗浄便座などで操作部分が大きく出っ張っているものは、
床掃除のときに邪魔になるので、
洗浄便座の形にも注意して選ぶことが必要ですし、
横幅についても良く考えることが必要です。

 

さらに、便器自体の形状が凹凸が多いものでは、
ホコリがたまりやすく、そのホコリに湿気が加わり、
落ちにくい汚れになってしまいます。

 

便器の水の流し方にも、吸い込み作用で流すものと、
水流の勢いで流すものがありますが、
封水と呼ばれる便器に常時たまっている水の量や表面積が
タイプによって異なります。

 

封水面の大きな便器では汚物がすぐに水没するので臭気が拡散しにくいというメリットがあり、
便器の内側面にも汚れがつきにくいです。

 

ですが、使用時に、水の跳ね返りが気になるというデメリットもあります。

 

衛生陶器のショールーム等を訪れ、
最新型の便器を実際に使用してみるなどすると
トイレのタイプを選び安くなるのではないでしょうか。

便器の交換と排水位置

便器を交換するときには、排水位置が問題になります。

 

壁から排水管の芯までの寸法を排水寸法といいますが、
この排水寸法は、便器の形状や水の流れ方によって異なります。

 

既存の便器と異なる排水位置の便器を選ぶと、
床下の排水管の移動工事が必要になります。

 

つまり、便器の選び方によって、工事費用も異なってきます。

 

しかし、最近は、リフォーム用の排水位置が
便器内で調節できるようになった便器もあります。

 

マンションや鉄筋コンクリート造の建物では、
トイレの排水が床下ではなく、
便器の横や後に流れるようになっているものもあります。

 

ですから、そのような場合は、
同じような排水の形をした床上排水用便器が必要です。

トイレの種類

最近は「トイレ」と言っても色々なものがあります。

 

たとえば、カラフルでデザイン性の高いトイレなどもありますし、
汚れがつきにくいようにコーティングしてあるトイレもあります。

 

また、最近は、お尻を洗うことができる洗浄便座と一体になっているものもあります。

トイレの値段

トイレの値段は、4万円くらいのものから、
40万円くらいのものまでさまざまで、
当然高額なものが多機能です。

 

お尻の乾燥機や自動フラッシュ(自動で水が流れる便器)は、
若いうちはあまり必要ないという人も多いです。

 

ですが、高齢になるとトイレットペーパーを使ったり、
振り返ってレバーをひねり、水を流すという動作がやりづらくなってくるので
リフォームするのであれば、そういった機能もつけていくように検討すると良いでしょう。

 

トイレは毎日使う場所です。

 

だからこそ、家族全員の状況に合わせて、
便利な機能が付いているタイプを選んだり、
より衛生的で、より快適空間なトイレになるように考えていきましょう。

高齢者に優しいトイレ

お尻の乾燥機、自動フラッシュもそうですが、
リフォームのときは、高齢者に優しいトイレ環境を考えましょう。

 

ドアの取っては力が弱くなっても簡単に開けることができるように
レバーハンドルにしたり、
車いすでも使うことができるように引戸にするなどの工夫も必要です。

 

また、手すりの取り付けを考慮することも必要ですし、
万が一、トイレの中で人が倒れたときなどの緊急の場合に、
扉は外から開けられるようにしておくことも必要です。

 

高齢になるとトイレの使用頻度も多くなるので、
なるべく寝室の近くにトイレを設置するという配慮も必要です。

 

押入れスペースに、簡単にトイレを設置することができる
トイレユニットもあります。

 

そういったトイレを検討しても良いでしょう。

トイレのインテリア

トイレは、居心地の良い空間にしたいものです。

 

ですから、トイレのインテリアについても考えてみましょう。

 

たとえば、壁面に小さな手洗いを設けたり、
ちょっとした棚や鏡、紙巻機などをトータルコーディネートする人が増えています。

 

トイレットペーパーの予備等をしまっておく収納も工夫してみてください。

 

トイレは、少々冒険したデザインにしてみるのも良いと思います。

 

壁紙なども、リビングよりも明るく派手なものにしてみたり、
腰から下の部分だけタイル貼りにしたり、
クロスを2色に分けるのもおススメです。

 

ただし、壁や床の材料を選ぶ際は、
水やアンモニアに強いものにしましょう。

 

床を防水にし、排水口を設けて水を流せるようにする方法もありますが、
使わないでいると臭気の原因になるので注意しましょう。