家のリフォームでできること

和室のリフォーム

和室のリフォーム

殆どの家では、たいてい一部屋は和室になっています。

 

ですが、ライフスタイルがどんどん洋風化し、
和室を使うことが少なくなっています。

 

客間として作った和室が、
納戸として使われているという家も少なくありません。

 

せっかく、家の中でも日当たりのよい、良い位置に和室を作ったのに、
無駄な使われ方をしていることが多く、
とても勿体無いという家が多いのです。

和室として再生させる

リフォームで、そのまま和室として再生させるのであれば、
天井や壁、襖、畳を新しくするだけで見違えるようにきれいになります。

 

和室だからこうでなくてはならないということはないので、
自由な発想で、居心地の良い部屋に再生しましょう。

 

モダンな雰囲気を取り入れても良いですし、
多国籍風、和洋折衷、本格和室など、色々な「和室」を作る事ができます。

和室の天井

和室は天井の仕上げによってイメージが大きく変わります。

 

通常は板張りになっている和室が多いですが、
そのまま同じような板で張り替えるのも良いですし、
思い切って材質を変えると今までとはまた違った雰囲気の部屋にすることができます。

 

木目の美しいライトカラーの板を並べて張ったり、
明るい色の和調のビニールクロス等もよいでしょう。

 

ビニールクロスも最近は、とても良い材質のものがたくさんあります。

和室の柱や枠

和室の柱や枠は、洗ってきれいにすることもできますし、
思い切って塗装してみるとイメージが大きく変わります。

 

和室の古くなった柱や枠回りは、「あく洗い」をします。

 

この「あく洗い」という薬品を使って汚れを落とすときれいになります。

 

塗装をする場合は、赤みのあまりない茶系や黒っぽい色が
インテリアをまとめるときに良いでしょう。

 

障子の桟を柱や枠と同じように塗装したり、
襖の縁を交換し、色を変えてみるなどしてコーディネイトを楽しみましょう。

 

襖を取り払って、木目の美しい明るい板張りの建具にまとめるのも素敵です。

和室の障子

和室の窓には障子が入っています。

 

ですが、いつも半分は閉まっている状態で、
部屋の中が薄暗い感じになってしまっています。

 

イメージを変えてみたいのであれば、
障子を外して紙製や木製の和風ブラインドやスクリーンをつけてみてはいかがでしょうか。

 

和室の障子は、「和室はこうでなくてはならない」と決め付けるのではなく、
変り障子や雪見障子などで、デザインのポイントにするのも素敵です。

 

また、和紙製のスクリーンや竹のブラインド等を使うと、
部屋の雰囲気も変わりますし、明るくなります。

和室の襖

和室の襖を思い切った色にするのであれば、
和服と帯を合わせるように選ぶと上手く行きます。

和室の壁紙

和室には、砂壁や京壁が使われていることが多いです。

 

この砂壁や京壁は、趣はとても良いのですが、ボロボロと落ちてきて
掃除がしにくいというデメリットがあります。

 

リフォームの際に、砂壁から別の素材に変えてしまうのも良いでしょう。

 

下地組を作って和紙調のビニールクロスを上から貼ると、
イメージはがらりと変ります。

 

本物の和紙を貼れば、値段は高くなりますが、
より一層趣が増します。

 

壁の色は、洋室の壁紙選びとは違う視点で選んでみましょう。

 

また、壁紙は腰壁のように2色に貼り分けても素敵です。

 

襖の表面材とのコーディネートを考えながら、
選んでみてください。

和室の畳

イメージチェンジをするのであれば、
琉球畳などを選ぶと良いでしょう。

 

カラー畳を選べば、モダンにまとめることができます。

 

壁や襖を選ぶときに一緒に選ぶとまとまりが良くなります。

 

さて、畳を新しくする方法は、
「新畳」、「表替え」、「裏返し」の3つがあります。

 

・新畳

 

新畳とは、畳床も畳表も、畳縁も全て新しくするものです。

 

・表替え

 

表替えとは、今使っている畳床をそのまま使い、
畳表と畳縁を新しくするものです。

 

・裏返し

 

裏返しとは、畳表を外して、裏返して取り付けるものです。
畳縁派新しくします。

 

たたみは、最近は縁のない正方形の畳が人気です。

 

縁のない正方形の畳は、デザイン性が高く、
雰囲気も良くて人気ですが、
表替えをするときには普通の畳よりも割高になります。

 

色をつけたカラー畳など、
部屋のイメージに合わせて色々な色を選ぶこともできます。

珪藻土

「珪藻土(けいそうど)」は、健康素材として注目を集めている壁の素材です。

 

プランクトンの死骸を材料にした塗り壁で、
部屋の湿度を快適に調節するなど、居心地の良い空間を作る事ができます。

 

ですが、珪藻土の施工は他の仕上げ材に比べると、
下地が平滑であることがとても大切です。

 

下地がゆがんでいたり傷んでいると、施工できませんので、
下地から工事をすることが必要になり、費用も係ります。

リビングを和室とつなげる

リビングが和室と隣り合わせになっている場合は、
その間にある間仕切り壁を取り払い、
和室を家族が集う居間にするという方法も良いでしょう。

 

部屋の真ん中に電気式の掘りごたつを取り付ければ、
みんなで集まるときに便利です。

 

使わないときは畳の下に収納するようにすれば
邪魔になりません。

 

掘りごたつは、電気メーカーや建材メーカーが
色々なサイズのものを販売しています。

 

和室を洋室の一角にする場合は、
天井や壁紙を洋室と違和感のないように
トータル的にコーディネイトすれば部屋が広く感じられます。

 

天井のつながりは部屋に一体感を与えるので、
和室の天井をリビングと同じ仕上げにすることで、
リビングとトータル的な雰囲気にすることができ、違和感なく仕上がります。

 

和室として存在をアピールしたいときは、
天井や壁の素材を変えたり、
洋室と和室の境目に下がり壁をつけることもできます。

 

和室を独立した客間としても使用したいのであれば、
壁の中に収納できる戸や小さく折りたたむことができる戸をつけるという方法もあります。