家のリフォームでできること

屋根のリフォーム

屋根のリフォーム

屋根は、5年に一度は定期点検することが必要です。

 

雨漏りは目に見えて漏っているものだけとは限りません。

 

たまたま家の中に流れ込んできた雨水が雨漏りとして発見される雨漏りもありますが、
屋根の中を通って軒先に流れている雨漏りもあります。

 

雨漏りによって、屋根の下地が腐食してしまうと、
定期的なメンテナンスでは済まなくなり、
大きな出費になってしまいます。

 

ですから、5年に一度は専門の業者に、
雨漏りを含め、屋根の状態を確認してもらうことが必要です。

雨樋

雨樋は、屋根に降り注いだ雨水を排水するという役割を担っています。

 

横樋で屋根の水を集めて縦対で地面へ向かって水を流しますが、
横樋に枯葉やゴミが詰まっていれば雨水が溢れますし、
縦樋が足りなければ横樋で集めた雨水を流しきることができず、
軒先に雨水が溢れます。

 

屋根の近くに大きな木がある場合は、
こまめに掃除をしたり、ゴミよけの網をかぶせることが必要です。

 

また、縦樋の最後が、枡や溝につながっていなければ、
壁面や基礎の傍に雨水が当たってしまい、
家屋に大きな影響を与えてしまいます。

 

このようなことから、屋根や外壁の点検の時には、
雨樋の点検も忘れずに行うことが必要です。

 

雨樋の交換工事には足場が必要なことが殆どです。

 

ですから、外壁塗装のときに一緒に工事をすると、
足場の取り付けも一度で済みます。

ストレート屋根の塗装

訪問販売のセールストークで、
「今すぐ屋根の塗装をしなければ雨漏りしてしまいますよ。」
と言うように言われることがあります。

 

ですが、このストレート屋根の塗装は、
表面の耐久性アップとはげてしまった色の復帰が目的なので、
雨漏りを防ぐ事はできません。

 

スレート屋根の塗装では、まず、「縁切り」を行うことが必要です。

 

スレート屋根の塗装を行なう際は、
「縁切り」をきちんとやってくれるかどうか、
塗装の前に洗浄をしてくれるかどうかを確認しましょう。

 

縁切りとは、一枚ずつヘラで瓦同士を切り離していく作業の事です。

 

スレート屋根では、瓦同士が塗料でくっついてしまうと
雨漏りが発生する可能性があります。

 

ですから、縁切りをして、一枚ずつ切り離していくのです。

 

コケや汚れが付着していると、
すぐにはがれてきてしまうので、塗装の前にはそれらを洗浄することも必要です。