家のリフォームでできること

床のリフォーム

床のリフォーム

床材には、フローリングやタイル、カーペット、畳など
さまざまな種類のものがあります。

 

また、材質や構造によってイメージや機能も変ってきますから、
デザインを含め、素材の感触などもよく見て床材選びをしましょう。

フローリング

フローリングは、ナチュラルな風合いと足触りの良さで
とても人気があります。

 

天然の無垢板、合板に薄い銘木を貼り付けたものなどがありますが、
木の種類や貼り方によって、部屋のイメージが大きく変わります。

 

マンションでは、音が響きやすいので、
マット等が裏打ちされた防音用フローリングを使用します。

 

また、水回りには、耐水性を不可したものや、
傷に強い加工をしたものなど、
色々な機能を持つものがあります。

 

通常のフローリング材は、
塗装面がアンモニアに弱いものが多いので、
トイレに使用する場合は、
アンモニアに強い表面加工をしたものを使うようにします。

 

無垢材は、湿度の影響で伸縮し、反りが出ることがあります。

 

床暖房を使用する場合は、床暖房に適した製品を選ぶ必要があります。

カーペット

カーペットは、足触りが柔らかく、滑りにくく、防音性にも優れているものがたくさんあります。

 

また、消臭機能や防ダニ、防汚加工が施されているカーペットもあります。

 

しかし、カーペットは掃除に手間がかかりますし、
シミになりやすいです。

 

近年は、四角いタイル状のカーッペットを組み合わせて床に敷き詰める
「タイルカーペット」があります。

 

このタイルカーペットであれば、汚れた場合はその汚れた部分のみ
交換することができるのでとても便利です。

コルク

コルクは、足触りが柔らかで滑りにくく、
程よい弾力性もあって、吸音性にも優れます。

 

また、水に強いですし、掃除もしやすいです。

 

ただし、日差しの強い部屋では窓際から白く退色することがあります。

 

コルクは、表面に素材感を生かしたワックス仕上げのものと、
表面の耐久性やデザイン性を重視した塗装仕上げのものがあります。

クッションフロアシート

クッションフロアシートとは、クッション性のある塩ビでできているシート素材の事です。

 

塩ビといっても、機能性も高く、工事費も安く、アンモニアにも強く
水回りにも適します。

 

ただし、貼り替えのとき、下地合板の状態によっては
きれいにはがすことができず。
下地の合板ごと交換しなくてはならない場合もあります。

タイル

タイルは、色柄、デザインなどさまざまな種類があります。

 

水に強く、耐久性も高いですし、清潔感があります。

 

トイレや洗面所だけでなく、
キッチンやリビングの床などにテラコッタ調タイルやレンガ調タイルを用いると、
ナチュラルで魅力的なインテリアになります。

 

床暖房と組み合わせる事によって、
夏は冷たく、冬は暖かい環境を作る事ができます。

 

ただし、タイル床は、表面が固いので、
足が疲れやすいという人もいますし、
物を落としたときにすぐに壊れてしまうというデメリットがあります。

畳は、素足でも気持ちがよく、気軽に横になれる和室に欠かせない床材です。

 

床には、ワラ床と化学床がありますが、通気性の少ないマンションでは、
化学床が主流です。

 

縁のない耐久性の高い琉球畳や、
畳表が染色されたカラー畳なども人気が高くなっています。